MESSAGE

稲積 宏誠

セカンドメジャーとしての
スポーツに関わる学びを
創り上げよう

社会情報学部長 教授
稲積 宏誠

セカンドメジャーという言葉を知っていますか? 日本語では副専攻と言いますが、自身の所属する学部での専門以外にもう一つ自分なりの専門性をもつことで、大学での学びを広く展開すること。このところ文部科学省もこのようなことを言い始めています。

青山学院大学にはスポーツ学部はありません。しかし、体育会に所属してさまざまな競技スポーツに、しかもとても高いレベルで取り組んでいる学生は数多く存在しています。そのような学生にとって、まさにセカンドメジャーはスポーツにかかわる分野ですね。

そんな、スポーツに関わる学際的な学びの場を提供することは、今大学が求められている取り組みの一つだと言えます。本来は大学としてのプログラムへと展開するべきでしょうが、まずは、同じく学際領域を専門とする社会情報学部がすべての学部の「スポーツをセカンドメジャーに」と考えている学生に向けたプログラムを開発しました。

それが、スポーツキャリアプログラムです。

これから、社会に出たときに、自身の出身学部に加えて主張できる学び。それは、「競技スポーツへの取組そのものを科学的に追及する」「将来の健康福祉社会への貢献に向けて」「社会・コミュニティの基盤をつくるノウハウとして」「今後のビジネス展開に結び付ける」など、まさに既存の専門分野を補完する将来への展望だと言えます。

このことは、競技スポーツに専念してきた学生にとっての将来展望を切り拓くことだけではなく、本学の体育会活動やスポーツ振興にもとても重要な意味を持つでしょう。なぜならば、スポーツを科学的に見ることの意味、チームを組織としてみる目、体育会を組織として考えることへと、学生自身が意識を変えていくきっかけをつくるからです。大学やそれぞれの指導者もともに考えていくべきテーマといえます。

カリキュラムの根幹は、公衆衛生学を専門とする佐藤敏彦先生とコミュニティマネジメントを専門とする苅宿俊文先生が設計しています。大学・各学部とのコラボレーションにはまだ多くの課題が残されていますが、このチャレンジをぜひ成功に結び付け、より活力のある大学に、また「青山スポーツは他とは一味違うね」と言われるような、セカンドメジャーとしてのスポーツに関わる学びを創り上げていこうと考えています。

佐藤 敏彦

「社会にインパクトを与える
青山スポーツ」の創造を目指す

社会情報学研究科 特任教授
佐藤 敏彦

私は医師ですが、スポーツドクターというわけではなく、「どのようにしたら病気にならないか、より健康になれるか」、ということを、研究したり、社会で実践したりする予防医学とか公衆衛生と言われる領域を専門としてきました。今回の青山学院でのスポーツキャリアプログラムでは、私のこれまでの知識や経験を総動員して、「社会にインパクトを与える青山スポーツ」の創造を目指したいと思っています。

医療の世界では、20数年ぐらい前にEBM(Evidence-based Medicine, 根拠に基づく医療)という「レボリューション(大変革)」が起こりました。それまで、各々の医師が自分の経験や推論に基づいて行ってきた医療行為を、さまざまなデータを集めることにより作られた「エビデンス=科学的根拠」に基づいて行う、ということがスタンダードになったのです。EBMにより、今まで良いと思われていた医療行為が実は意外と良くなかったことがわかったり、良いと思われていた医療行為をより良く、効率的に行うにはどのようにしたらよいか、ということがわかったりしてきました。

スポーツの世界においても長年にわたり経験による指導が支配してきたという印象がありますが、科学の進歩とともに、スポーツの世界でもさまざまなデータの取得が可能となり、科学的なトレーニング方法や戦術分析が取り入れられるようになってきています。この流れはこの先ますます加速されていくでしょう。即ち、スポーツの世界でもレボリューションが起きているのです。今流行の「ビッグデータ」を活用する新たなスポーツを「インテリジェントスポーツ」とか「スマートスポーツ」とか呼びますが、青学のスポーツキャリアプログラムではこれを一つの核にしたいと考えました。

EBMは一つのレボリューションではありましたが、当初に思われていたような大きな結果を残しているかというと必ずしもそうではりません。その理由は、EBMを実践する医師のコミュニケーション能力に問題があるからです。たくさんのデータから得られたエビデンスを患者さんに正しく伝えることができなければ、患者さんを納得させ、医師と患者が協力しあって最大の結果を得ることはできないのです。

スポーツの世界でも同様のことが言えるでしょう。今までと違う新たな「インテリジェントスポーツ」、「スマートスポーツ」を社会に広めて、スポーツの価値を高めるためには、人と人を繋げたり、人に物事を正しく伝えたりするコミュニケーション能力を持たなければなりません。スポーツキャリアプログラムのもう一つの核がこのような能力を併せもつ「コミュニティーサービスアスリート」です。

スポーツの価値を高め、広げる、これら二つのコンセプトを基盤とした「青山スポーツ」を一緒に作り上げていきましょう。

苅宿 俊文

多元的な人々を繋ぎ合わせる
「結び目」となる、
コミュニティサービスアスリート
養成に向けて

社会情報学部 教授
苅宿 俊文

これからの社会はグローバル化、情報化、高齢化などに対応できる持続可能な多元的共生社会であることが望まれています。そのためには、多元的な人々を繋ぎ合わせる「結び目」となる人が必要になってきます。

私は、このような役割を担う「ワークショップデザイナー」の養成に取り組んできました。ワークショップデザイナーは言ってみれば「コミュニケーションの場づくりの専門家」です。私は、体育会学生の将来キャリア像の一つとして「スポーツの専門性を活かしてコミュニティづくりに貢献できる人材」があるのでは、と考え、コミュニティサービスアスリート履修証明プログラム(以下、CSA履修証明プログラム)を企画しました。もちろん、スポーツキャリアプログラムで学ぶことは将来のためだけでなく、現在のアスリートとしての成功の可能性を高めることもできるでしょう。

スポーツを続けてきたあなた方には、競技スポーツの「選手」としての専門性以外にも、社会に役立つ強みを持っているということに気がついていますか? 例えばスポーツの楽しさを知っているということ、何かに打ち込んだり夢中になるという経験があるということ、スポーツの中でたくさん試行錯誤をしてきたということ・・・。そういった経験が活きるのは、競技スポーツの世界の中だけではありません。CSA履修証明プログラムでは、コミュニティに貢献するアスリートを育成します。スポーツを通して身につけてきた専門性を活かして、社会に貢献する視点を持ってみる。具体的には、スポーツイベントの開催を通して、コミュニティの結び目になる可能性を探ってみます。

CSA履修証明プログラムは、大学等において一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して、学校教育法に基づく履修証明書(Certificate)を交付できるという履修証明制度を利用しています。指定の授業を履修することで、履歴書に「コミュニティサービスアスリート履修証明取得」と書くことができ、自分の専門性をアピールできます。

※本ウェブサイトの内容は2018年3月現在の情報です。