VOICE

進行中のプロジェクト

1. コンディショニング管理ツールの効果的な利用法に関する研究

アスリートが毎日体調(コンディショニング)をスマホで入力することにより、コーチ・トレーナー陣が選手全員の体調管理を詳細にチェックするとともに、自らがコンディショニングを整えることを目的として作られた「One-Tap Sports」の利活用の研究開発です。
One-Tap Sportsは株式会社ユーフォリアによって開発され、ラグビー日本代表をはじめ、既に多くのアスリートやチームに使用されています。
その利活用の方法について、一般住民における健康維持のためへの展開も含めて今後研究を行います。

アスリートのコンディション管理とパフォーマンスの関係
〜One Tap Sports システムを活用して〜

>PDFで開く

2. スポーツチームの組織マネジメントツール開発と
その利用法に関する研究

これは、アトラエ社が開発した「wevox」という組織診断ツールを応用し、スポーツチームの組織改善に役立てるための研究です。
一人ひとりがアンケートに回答することにより、組織の強みや弱みをスコア化し、その結果を元にチーム力の強化につなげるもので、ツールの妥当性の評価と活用法の研究を今後も行います。

3. 3Dコンピュータシミュレーション動画を用いた
効果的なトレーニング法の開発

筋肉トレーニングの効果の「可視化」プロジェクトです。
本学の陸上競技部長距離部門が実施している体幹トレーニングは「青トレ」として有名ですが、体幹の筋肉は外側からは見えないために、その効果は機能的に判断せざるをえません。大阪大学運動器バイオマテリアル学、整形外科の菅本一臣教授が開発したTeamLabBodyは、世界で初めて生きた人間の人体の全身の筋肉・じん帯・神経・血管・骨を3Dで再現し、関節の三次元的な動きを解析したものです。
菅本教授の協力を受け、この技術を青トレを始めとした筋肉トレーニングの効果的な実践方法として開発を行います。

※本ウェブサイトの内容は2019年3月現在の情報です。